重要!自己破産を行う前に知っておきたいこと

自己破産で借金をゼロにする

借金の返済負担の苦しみから解放される為の最後の手段が自己破産です。裁判所に申請するなど多少複雑な手続きが必要となりますが、認可されれば全ての債務が免除されます。債務整理の手続きとしては、他にも任意整理や個人再生などの手続き方法がありますが、自己破産が最も大きな債務の減額効果が得られます。その代わり財産を手放す必要が有るなど、デメリットも他の手続きよりも大きくなりますので、安易に利用することは避けなければいけません。


自己破産の前に過払い金返還請求を行う

自己破産を実行する前に一つやっておきたい手続きがあります。それは過払い金の返還請求手続きです。過払い金とは消費者金融などに対する払い過ぎた利息のことであり、特に2006年以前に融資を受けていた場合は過払い金が発生しているケースが多いです。過払い金返還請求によって100万円以上の過払い金を取り戻せることも珍しくありませんので、自己破産の前には是非やっておきたいです。場合によっては、過払い金返還請求によって自己破産を免れられる場合もあります。


破産手続きに関する費用に過払い金を充当する

自己破産の前に過払い金返還請求を行った結果、自己破産を免れられなくても、破産申立人にはメリットがあります。破産手続きを行うとなると、様々な費用が必要となります。弁護士に支払う報酬や、裁判所に支払う予納金、また自己破産の免責の対象外である税金などを支払う為に、お金が必要となります。破産申立人は当然ながら金銭的に困窮していますので、過払い金を取り戻せると言うことは非常に助かります。ただし破産手続き開始後に過払い金返還請求を行うと、債権者の配当に回す必要性が出て来てしまいますので、破産手続き前に返還請求を行うことが重要です。



自己破産は借金を帳消しにするかわりに、財産の保有が制限されてしまうという制度です。しかし、全く何も所有できなくなるわけではありません。