ファイナンシャルプランナーの資格を取得するためにやるべき3つの勉強プラン

ファイナンシャルプランナーの基礎を徹底する

ファイナンシャルプランナーの勉強としてまずやるべきことは基礎を身につけることになります。国家資格になるため、覚えるべき基礎はたくさんあります。分野毎に基礎から応用まで流れがありますが、まずは基礎から勉強すると良いでしょう。簡単な基礎確認問題をこなしつつ勉強を進めると、割と早い段階で覚えられます。基礎が徹底した後に、各分野の応用レベルを勉強すると良いです。基礎が頭に入っているので、勉強しやすい状態になっています。


苦手とされやすい計算問題を多くこなす

ファイナンシャルプランナーには、状況に応じた計算式が多数あります。計算自体は電卓を使用することができますが、計算式はすべて覚えなければなりません。目的に応じた式を思い出し、当てはめながら式を作る必要があります。その計算式の数が多いので苦手とされやすいのが特徴的です。だから、同じ問題であったとしても、計算問題を数多く繰り返し解くことが良い勉強方法になります。計算式だけを覚えても、”その使い方”を知っていないといけないので、問題を通して覚えると良いでしょう。


過去問を何度も解けば十分確認できる

ファイナンシャルプランナーの試験に合格するためには、過去問を解くことが必要不可欠になります。問題集を何度も解くだけでなく、実際どういう問題形式なのかを知る意味でも過去問に触れることは大切になります。インターネットで検索すれば、過去問は簡単に見つかるので、何年分も解くと良いでしょう。解いた量が新しく蓄積されるので、良い勉強方法にもなります。また、自分で用意した教材には載っていない問題が出ている可能性もあるので、必ず過去問を取り組むことが必要になります。



ファイナンシャルプランナーの講座は専門的な勉強をする事が出来ますので、資格の取得などにも役に立ちます。